コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモウシオス homoousios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモウシオス
homoousios

ギリシア語で「同一実体の」「同質の」意。聖書にはこの語はみられないが,キリスト教神学における三位一体の解釈を示す重要な概念。 325年のニカイア公会議で,神なる父と神なる子 (キリスト) の同等性を表現するために使われた。キリストは人間以上の存在ではあるが,真の神ではなく被造物であるとしたアリウス派を断罪し,父と子とはペルソナを異にするが同質の存在であり一つの実体であることを示そうとした。 381年の第2コンスタンチノープル公会議でこの語を含む信条が正統信仰告白として決定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のホモウシオスの言及

【ニカエア信条】より

…原文はギリシア語。アリウスの説いた父と子の従属主義的関係の教えを否定するために,創造主とキリストの関係を〈ホモウシオス(同一実体)〉という聖書に現れない哲学の用語で規定し,さらに四つのアナテマ条項を付加し,神としてのキリストの被造,変化,受肉前の非存在などの教説を異端として退けた。この信条は,パレスティナのカエサレアの洗礼用信条にホモウシオスの語を補い,アナテマ条項を加えたものと考えられていたが,現在では,エルサレムの洗礼用信条を基盤にしたものとされている。…

※「ホモウシオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホモウシオスの関連キーワードコンスタンティノープル公会議エウセビオス[カエサレアの]エウセビオス[カエサレア]キュリロス[エルサレムの]キュリロス[エルサレム]ニカイア信条ニカエア信条ギリシア語聖子従属説

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android