ホモゲンチシン酸(読み)ホモゲンチシンサン

化学辞典 第2版「ホモゲンチシン酸」の解説

ホモゲンチシン酸
ホモゲンチシンサン
homogentisic acid

2,5-dihydroxyphenylacetie acid.C8H8O4(168.15).人体内でフェニルアラニンチロシンが分解されるときの中間生成物として生じ,正常人体内では,さらにフマル酸アセト酢酸とになってクエン酸サイクルに入るが,アルカプトン尿症患者の尿中にはこのまま多量に排出される.水から再結晶したものは1分子の結晶水を含み,放置すると風解して無水物(融点152 ℃)となる.100 ℃ 以上に加熱するとラクトンを形成する.エタノールエーテル,水など可溶.還元力があり,フェーリング液を還元する.[CAS 451-13-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android