コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモゲンチジン酸 ホモゲンチジンさんhomogentisic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモゲンチジン酸
ホモゲンチジンさん
homogentisic acid

C8H8O4 。二価フェノール誘導体の一つで,生体内ではフェニルアラニンチロシン代謝産物。ホモゲンチジン酸酸化酵素が先天的に欠損しているアルカプトン尿症の患者の尿中に存在し,この尿を室温下に放置すると酸化重合して黒化する。また,強膜耳殻鼻翼などにも色素が蓄積される。サトイモなどの茎にも含まれ,特有の刺激性の味がする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ホモゲンチジン酸

 C8H8O4 (mw168.15).

 2,5-ジヒドロキシフェニル酢酸.フェニルアラニンやチロシンの代謝中間体で,この物質を代謝する酵素を欠損した患者は,この酸を尿へ排泄する.それは直ちに空気中の酸素で酸化されて黒色を呈するので,容易に検出される.これをアルカブトン尿症という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のホモゲンチジン酸の言及

【アルカプトン尿症】より

…遺伝は常染色体性劣性遺伝である。チロシン由来のホモゲンチジン酸(アルカプトン)を分解する酵素の欠損が原因で起こる。ホモゲンチジン酸の汗や尿中への排出のほかに,体内蓄積により色素沈着,関節炎を起こす。…

※「ホモゲンチジン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホモゲンチジン酸の関連キーワードギャロッドタケノコ灰汁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android