コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラー小説 ホラーしょうせつhorror story

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラー小説
ホラーしょうせつ
horror story

恐怖小説。 1970年代のオカルトブーム,80年代のホラー映画ブームなどの影響を受けて,出版界でも文庫本によるホラー小説の刊行が盛んになった。ホラーブームのきっかけとなった映画『キャリー』の原作者,スティーブン・キングの『短編傑作集』 (全5巻) や,85年度世界幻想文学賞を受賞したクライブ・バーカーの『血の本』シリーズ (全6巻) などがある。都市化や環境整備が進み,人生そのものの合目的的化が進行するに伴い,身辺からは不合理,異常,怪異,恐怖,さらには死そのものが見えにくくなった。その結果,逆にそれらに対する関心が怖いモノ見たさという次元で高まっているのかもしれない。かつて日本では,怪談が夏の風物の一つであったが,今では幽霊話よりも,現代人の異常心理がもたらす恐怖話がモダンホラーとして季節と無関係に読まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホラーしょうせつ【ホラー小説】

小説のジャンルの一。異常殺人や怪奇現象などを題材にした、恐怖小説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ホラー小説の関連キーワードスイート・リトル・ベイビードリームキャッチャーD混成種/HYBRIDチューイングボーンハルキ・ホラー文庫仄暗い水の底から紗央里ちゃんの家赤いベベ着せよ…竹書房ホラー文庫禁じられた楽園ダーク・ハーフ角川ホラー文庫殺戮にいたる病ホームアウェイおしまいの日ザ・スタンドレフトハンドジュリエットシャイニング

ホラー小説の関連情報