恐怖小説(読み)きょうふしょうせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうふ‐しょうせつ ‥セウセツ【恐怖小説】

〘名〙 恐ろしい出来事をえがいた小説。
※探偵作家の立場(1931)〈江戸川乱歩〉「その他単なる怪奇小説、恐怖小説(キョウフセウセツ)、怪談なども、少しでも犯罪の匂ひがあれば、探偵小説にしてまふし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の恐怖小説の言及

【SF】より


[歴史と現状]
 世界最古の物語《ギルガメシュ叙事詩》以来,今日的にみればSFと呼べるような作品はつねに書かれてきたが,現代SFの諸要素がある種の小説に集結するのは,19世紀になって科学技術による進歩の概念が生まれてからである。M.シェリーの《フランケンシュタイン》(1818)は,当時流行していたゴシック・ロマンスとして書かれた作品で,今でいえば恐怖小説にあたるものだが,明らかに現代文明への予兆をとらえており,人造人間の製造と,それによって変化する人間観がテーマとなっている。いわば前述の(1)~(3)のすべての要素をもった最初の傑作SFと呼んでよいものである。…

※「恐怖小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐怖小説の関連情報