コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐怖小説 きょうふしょうせつ

世界大百科事典内の恐怖小説の言及

【SF】より


[歴史と現状]
 世界最古の物語《ギルガメシュ叙事詩》以来,今日的にみればSFと呼べるような作品はつねに書かれてきたが,現代SFの諸要素がある種の小説に集結するのは,19世紀になって科学技術による進歩の概念が生まれてからである。M.シェリーの《フランケンシュタイン》(1818)は,当時流行していたゴシック・ロマンスとして書かれた作品で,今でいえば恐怖小説にあたるものだが,明らかに現代文明への予兆をとらえており,人造人間の製造と,それによって変化する人間観がテーマとなっている。いわば前述の(1)~(3)のすべての要素をもった最初の傑作SFと呼んでよいものである。…

※「恐怖小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恐怖小説の関連キーワードブラウン(Charles Brockden Brown)ポー(Edgar Allan Poe)ハワード・フィリップス ラブクラフトウィリアム・ミリガン スローンフリッツ・R. ライバーディーン・レイ クーンツシャーリイ ジャクソンA. ブラックウッドラムゼイ キャンベルアンジェラ カータースティーブン キングロバート ブロック枕に足音が聞えるブラックウッドベックフォードウォルポールラブクラフトゴシック小説ブラッドベリサスペンス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐怖小説の関連情報