ホルトの木(読み)ホルトノキ

デジタル大辞泉の解説

ホルト‐の‐き【ホルトの木】

ホルトノキ科の常緑高木。暖地に自生。葉は狭長楕円形で滑らか。6月ごろ、白い小花が総状につく。実は冬に熟し、黒青色。樹皮を染料にする。もがし。
オリーブ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホルトのき【ホルトの木】

ホルトノキ科の常緑高木。暖地に生える。高さ20メートルに達する。紅葉した葉と緑の葉とが混在する。葉は狭長楕円形。初夏、葉腋ようえきに白色の花が総状につく。果実は楕円形。根皮・枝葉を染色に用いる。ズクノキ。モガシ。ハボソノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ホルト‐の‐き【ホルトの木】

〘名〙
① 植物「オリーブ」の異称。〔日本植物名彙(1884)〕
ホルトノキ科の常緑高木。本州の千葉県以西の暖地に生える。高さ二〇メートルに達する。葉は狭長楕円形で縁に浅い鋸歯(きょし)があり、長さ六~一五センチメートル。柄がある。初夏、白い小さな五弁花が房状に群がって咲く。花弁の先は糸状に細裂している。果実は黒藍色に熟し紡錘形で長さ約三センチメートル。材は器具用。樹皮はねずみ色の染料とする。もがし。はぼそ。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android