ホレリス(読み)ほれりす(英語表記)Herman Hollerith

  • 1860―1929

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界最初の統計機械(パンチカードシステム)の発明者。ドイツ移民の子としてニューヨーク州バッファローに生まれる。1879年コロンビア大学マインズ・スクールを卒業後、内務省統計調査室に入り、1882年マサチューセッツ工科大学講師となる。当時、国勢調査の集計の迅速化が要請されていたので、ホレリスは統計機械の発明を志し、1889年、パンチカードと統計機械を組み合わせた電気式製表機を完成、翌1890年、政府による公開競争実験で最優秀の成績をあげ、政府国勢調査集計に採用された。1896年タビュレーティング・マシン社Tabulating Machine Co.を設立、1911年今日のIBMの前身であるCTR社(コンピューティング・タビュレーティング・レコーディング社)となった。

[荒川 泓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android