ホワイトデー(読み)ほわいとでー

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホワイトデー」の解説

ホワイトデー
ほわいとでー

3月14日。女性から男性に愛の告白をし、プレゼントを贈るという習慣が根づいている2月14日のバレンタインデーに対し、男性から女性に返礼をする日。日本発祥の習慣で欧米にはみられない。ホワイトデーという名称が定着するまでは、ポピーデー、フラワーデー、クッキーデー、マシュマロデーなどさまざまによばれていた。その発祥についてはいくつか説があり、なかでも1978年(昭和53)に全国飴(あめ)菓子工業協同組合が販売促進のために考案した、という話がもっともよく知られている。同組合では1980年代に「ホワイトデーはキャンディーを贈る」という催しを繰り広げ、これが全国に広く浸透した。贈られるのは菓子だけでなく、服飾雑貨やアクセサリー、食事や酒など幅広いものになっている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典「ホワイトデー」の解説

ホワイトデー

3月14日はホワイトデーで「バレンタインデーに貰ったプレゼントのお返しを贈る日」です。これは「贈り物を貰った場合お返しをする」という習慣のある日本でのみ行われている行事です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ホワイトデー」の解説

ホワイト‐デー

〘名〙 (洋語white day) 男性がバレンタインデーのお返しとして、女性にキャンディーなどを贈る日。三月一四日。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android