ホーイイエン(読み)ほーいいえん(英語表記)Jan van Goyen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーイイエン
ほーいいえん
Jan van Goyen
(1596―1656)

オランダの風景画家。ライデンに生まれ、ハーグで死去した。初めハーレムのエサイアス・ファン・デ・フェルデに師事してその影響を受けた。1618年以来ライデンで独立して制作し、32年以後はハーグに定住した。彼が残したデッサンによると、しばしば各地を旅行し、また画商、競売人、相場師など各種の職業に関係があったと推測される。好んで海岸や砂丘や川岸の風景をテーマとし、初め明るい自然色で、1627年以降は褐色のまさったモノトーンで落ち着いた雰囲気の効果をねらった。代表作は『ライデンの眺望』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)など。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android