アルテ・ピナコテーク(英語表記)Alte Pinakothek, München

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルテ・ピナコテーク
Alte Pinakothek, München

ミュンヘンにあるドイツの代表的美術館の一つで,バイエルン州立絵画コレクションに属する。近代美術を集めたノイエ・ピナコテークに対して,中世から 18世紀までの絵画コレクションを収蔵している。コレクションの歴史は 16世紀前半のバイエルン公ウィルヘルム4世 (在位 1508~50) にさかのぼり,その後ジュッセルドルフマンハイムの諸公のコレクションが加えられ,内容は一層の充実をみた。最初の建物は 1826~36年にルートウィヒ1世の命により新古典主義の建築家 L.クレンツェの手で建てられたが,第2次世界大戦で破壊され,現在の建物が再建された (1957) 。コレクションの中心はルネサンス期のドイツ,初期ネーデルラント,ルネサンスからバロックにかけてのイタリアと 17世紀のフランドル・オランダ絵画で,特に『最後の審判』その他を含むルーベンスのコレクションは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルテ・ピナコテーク

ドイツのミュンヘンにある絵画館。ピナコテークは元来絵画館を意味するギリシア語に由来する。1836年バイエルン公の収集品を集めて創設。デューラールーベンスなどルネサンスから18世紀ころまでの大家の収集で知られる。名称は〈旧絵画館〉の意味で,同じくミュンヘンに18世紀半ば以降の絵画を収めた〈ノイエ・ピナコテークNeue Pinakothek(新絵画館)〉がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android