コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーネンコーポレーション ホーネンコーポレーション

1件 の用語解説(ホーネンコーポレーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーネンコーポレーション

食用油メーカー。 1922年鈴木商店 (1916創業) の製油事業を分離独立して豊年製油として創立。 1968年豊産業を合併。この間,1923年には「大豆白絞油」を発売,1933年大豆接着剤も発売した。新技術の導入と新製品の開発で多角化を進め,尿素樹脂工業へも進出,1964年にはユニリーバとの合弁会社豊年リーバ (1982年日本リーバに,2005年ユニリーバ・ジャパンに社名変更) を設立。 1989年ホーネンコーポレーションに社名変更。 1994年日華油脂を傘下に収める。 2002年4月,株式移転によりホーネンコーポレーションと味の素製油の完全親会社として資本金 100億円で豊年味の素製油設立。 2003年4月吉原製油が統合に参加,商号をJ-オイルミルズに変更。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホーネンコーポレーションの関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーネンコーポレーションの関連情報