コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールシステム・アプローチ ホールシステム アプローチ

人事労務用語辞典の解説

ホールシステム・アプローチ

「ホールシステム・アプローチ」とは、特定の課題やテーマに関係するすべてのステークホルダーあるいはその代表が組織や分野の壁を超えて一堂に会し、大規模なダイアローグ(対話)によって創造的な意思決定やアクションプランを生み出していく一連の方法論の総称です。従来のトップダウンやボトムアップに替わる、組織マネジメントの第三の手法として注目されています。
(2011/8/12掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

ホールシステム・アプローチの関連キーワードオープンスペーステクノロジー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android