ホールピペット

化学辞典 第2版「ホールピペット」の解説

ホールピペット
ホールピペット
whole pipette, transfer pipette

全容ピペットともいう.もっとも広く使われているピペット液体を標線まで吸い上げて,一定体積をはかりとるのに使用される器具で,先端が細く,中央が膨らんでいるガラス製の体積計.ポリプロピレン製もある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ホールピペット」の解説

ホール‐ピペット

〘名〙 (whole pipette) 中央部にふくらみをもつピペット。上方に線が一本あり、その線まで液を入れると一定の正確な体積で採取できるが、その量以外は測れない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホールピペット」の解説

ホール‐ピペット(whole pipette)

中央部が太くなっているピペット。刻線が1本あり、そこまで吸い上げることで、一定体積の液体を採取する。全容ピペット。全量ピペット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホールピペットの言及

【ピペット】より

…一定容積の液体を取り出すために用いられるガラス製測定器。きわめて多くの種類のものがあるが,そのおもなものはホールピペットwhole pipetteとメスピペットmeasuring pipetteである。ホールピペットは全容ピペットともいう(図‐a,b)。…

※「ホールピペット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる