コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイエン Boyen, Hermann von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイエン
Boyen, Hermann von

[生]1771.6.23. クロイツブルク
[没]1848.2.15. ベルリン
ドイツ,プロシアの軍人。 1806年イェナ=アウエルシュテットの戦いで重傷を負った。ティルジット条約ののち,G.シャルンホルスト,A.グナイゼナウのもとでプロシアの軍政改革を推進。 13年 F.ビューロー軍団参謀長,14年シャルンホルストの跡を継いで陸相となり,強制兵役法の制定をはじめ多くの軍制改革を完成,将校団の育成だけでなく,国民軍教育にも尽した。 19年退役したが,40~47年再び陸相となり,元帥に昇進した。主著『シャルンホルスト将軍論考』 Beiträge zur Kenntnis des Generals von Scharnhorst (1833) ,『ボイエン元帥回想録』 Erinnerungen aus dem Leben des Generalfeldmarschalls Hermann von Boyen1771-1813 (3巻,89~90) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ボイエン

生年月日:1771年7月23日
プロシアの軍人
1848年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ボイエンの関連キーワードマイネッケ生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android