コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイエン ボイエンBoyen, Hermann von

1件 の用語解説(ボイエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイエン
ボイエン
Boyen, Hermann von

[生]1771.6.23. クロイツブルク
[没]1848.2.15. ベルリン
ドイツプロシアの軍人。 1806年イェナ=アウエルシュテットの戦いで重傷を負った。ティルジット条約ののち,G.シャルンホルスト,A.グナイゼナウのもとでプロシアの軍政改革を推進。 13年 F.ビューロー軍団参謀長,14年シャルンホルストの跡を継いで陸相となり,強制兵役法の制定をはじめ多くの軍制改革を完成,将校団の育成だけでなく,国民軍教育にも尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボイエンの関連キーワードお蔭参り山岡浚明自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波赤川池の藻屑オーエン大鳥池

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone