コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイン文化遺跡群 ボインぶんかいせきぐんArchaeological ensemble of the Bend of the Boyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイン文化遺跡群
ボインぶんかいせきぐん
Archaeological ensemble of the Bend of the Boyne

アイルランドの首都ダブリンの北西約 45km,ボイン川 (アイルランド語では An Bhóinn) 流域にある巨大古墳群。最も大きなニューグレンジのほかノウス,ダウスにも大型石室墓がある。前 3000年頃につくられたと推定され,当時すでに高度な石器文明が栄えていたことがわかる。また冬至に中央墓室内を照らすための光の差し込み口の存在が明らかになったことにより,天文学の知識もかなりの水準に達していたことが立証された。室内は渦巻文様などの装飾が施されていたことから,祭式を行ない死者を崇拝する習慣があったと推測される。 1993年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボイン文化遺跡群の関連キーワードアイルランド

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android