ボウ(バウ)・ねきりむし・はさみむし(漢字)

普及版 字通 の解説


15画

(異体字)
17画

[字音] ボウバウ
[字訓] ねきりむし・はさみむし

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(ぼう)。〔説文〕に字を蟲部十三下に属し、弔・蟲の会意とするが、その字は全体象形とみるべき字。別に古文とする一字も象形字であろう。或(ある)体として録するはその形声の字。〔説文〕に「蟲の、艸根をらふなり」とし、「、抵して民の財を取るときは、則ち生ず」とは、漢代の災異説によるものである。

[訓義]
1. ねきりむし、稲の根を食う害虫
2. 毒虫、はんみょう、斑猫
3. はさみむし。
4. くも。

[古辞書の訓]
字鏡集 オホムシ・クモ

[熟語]

[下接語]

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android