コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑猫/斑蝥 ハンミョウ

2件 の用語解説(斑猫/斑蝥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐みょう〔‐メウ〕【斑猫/斑×蝥】

ハンミョウ科の昆虫。体長2センチくらい。体は光沢があり、緑・紫・赤・青などの斑紋をもつ。日当たりのよい砂地や山間の小道に多く、人が歩くと先へと飛んでは止まることで知られる。みちおしえ。みちしるべ。 夏》「妻子にも後れ―にしたがへり/波郷
甲虫目ハンミョウ科の昆虫の総称。大あごは鋭く、複眼は突出し、足は細長い。幼虫は土中に穴を掘り、通りかかる昆虫を捕食。ニワハンミョウ・カワラハンミョウなど。毒をもつマメハンミョウは別のツチハンミョウ科に属す。

ぶち‐ねこ【×斑猫】

地色と異なる色があちこちに入っている猫。まだら模様の猫。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone