ぼうぞく(読み)ボウゾク

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ぞく〔バウ‐〕

[形動ナリ]《「凡俗(はんぞく)」あるいは「放俗」の字音からという》無作法なさま。
「人多く見る時なむ、透きたるもの着るは―におぼゆる」〈蜻蛉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぞく

( 形動ナリ )
〔「放俗」とも、「凡はん俗」の転とも〕
品が悪いこと。無遠慮なこと。 「紅の腰引きゆへるきはまで、胸あらはに、-なるもてなしなり/源氏 空蟬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android