コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒虫 ドクムシ

デジタル大辞泉の解説

どく‐むし【毒虫】

毒液をもっていて、人体害毒を与える。ハチ・ドクガ・ムカデ・サソリなどの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どくむし【毒虫 venomous insect】

人体に直接または間接的にのある,危険な昆虫やクモ・ムカデ類その他小動物の総称。その害は種類によって軽微のものから激しいものまである。はないが毒虫に似ているものも恐れられることが多い。害の種類は吸血刺傷咬傷(こうしよう)あるいは毒液や臭液の分泌,不潔害,不快害などさまざまである。ノミ,シラミナンキンムシ,カ,ヌカカブユサシバエウシバエなど,多くの吸血性昆虫による害をはじめ,ハチ・アリ類の毒針による刺傷,アリ類,甲虫類やムカデ・クモ類などの咬傷が知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どくちゅう【毒虫】

毒をもっている虫。どくむし。

どくむし【毒虫】

毒をもち、人体を刺して害を与える虫。ハチ・サソリなど。どくちゅう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒虫
どくむし

衛生害虫の一部。人体を直接毒針や毒毛で刺したり、かみついたり、毒液を分泌したりして危害を与える昆虫のほか、ムカデ、ヤスデ、ダニなどを含む一般呼称。とくに野外で被害にあったとき、正体不明のものについて「毒虫にやられた」と表現する。実際には、カ、ブユ、ヌカカなどの刺咬(しこう)昆虫、アオバアリガタハネカクシ、カミキリモドキ類などの毒液分泌昆虫、スズメバチ、アシナガバチ、アリ、ドクガ、イラガなどの有毒昆虫がこれに相当する。ドクガは幼虫時代の毒毛を成虫が体につけて飛び回るので、直接皮膚に触れなくても、夜間灯火に飛来したガが毒毛を飛散させ、家庭で皮膚炎が蔓延(まんえん)して問題となる。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毒虫の関連キーワードアオバアリガタハネカクシインドジャボクサンシチソウつつがむし病領巾・肩巾黒田 喜夫アイ(藍)サンショウ不快昆虫カニクサ車谷長吉孔雀明王舌切り雀キャンプカフカちゅう被り物小豆粥あつつ働かす

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android