コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウリング条約 ボウリングじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ボウリングじょうやく【ボウリング条約】

1855年4月,タイがイギリスの全権代表ボウリング卿John Bowring(1792‐1872)とバンコクで締結した最初の修好通商条約。12条の修好条規,通商章程および税率表よりなり,自由貿易の原則,一律3%の関税,外国人の居住ならびに土地購入の条件,領事館の開設などが定められた。この条約,およびこれに引き続きタイと先進資本主義諸国との間で次々に結ばれた同種の条約によって,タイは近代国際法秩序を前提とする世界貿易体制に編入されることとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボウリング条約の言及

【タイ】より

… 4世王モンクット(在位1851‐68)は,先進資本主義諸国の自由貿易要求を受け入れ,開国政策によって,近代化の契機を開いた啓蒙君主として知られる。55年に締結されたボウリング条約は,支配層の伝統的経済基盤をゆるがせ,タイに社会秩序の再編成を迫った。また米輸出の解禁は商品米の生産を刺激し,やがて無人のチャオプラヤー・デルタをタイ最大の穀倉地帯へと変貌させた。…

※「ボウリング条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボウリング条約の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイトホイットニーユーイング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android