コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボエーム

百科事典マイペディアの解説

ボエーム

ラ・ボエーム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ボエーム

イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニオペラ『ラ・ボエーム』の別名。原題《La Bohème》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボエーム
La Bohème

ラ・ボエーム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボエーム
ぼえーむ
La Bohme

イタリアの作曲家プッチーニのオペラ。1895年完成。全四幕。フランスの作家アンリ・ミュルジェールHenri Murger(1822―61)の小説『ボヘミアンたちの生活情景』をもとにしたイッリカとジャコーザの台本による。パリのラテン区に住む貧しい詩人ロドルフォと病身のお針子ミミの恋物語を中心に、彼らを取り巻く人々の日常を詩情豊かに描いたこの作品は、生き生きとした人物描写、色彩的な管弦楽、優れた舞台効果などにより、『トスカ』『蝶々(ちょうちょう)夫人』と並んでプッチーニの代表作の一つに数えられている。第一幕でミミが歌うアリア「私の名はミミ」はとくに名高い。1896年トリノで初演。日本における初演は1921年(大正10)ロシア歌劇団によるもので、日本人による初演は34年(昭和9)藤原歌劇団の第1回公演であった。
 なお、同じイタリアの作曲家レオンカバッロも同じ題材により同題のオペラを発表(1897年ベネチア初演)しているが、今日ではほとんど上演されない。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボエームの言及

【ボヘミアン】より

…元来はボヘミア人またはボヘミア出身と考えられていたジプシーを指すが,転じて1830年の七月王政期にパリに集まった,貧しくしかし自由なその日暮しを送る文学青年や若き芸術家たちの呼称(ボエームbohème)となった。1835年ころのネルバル,ゴーティエ,ボレルらの集団と,それから約10年後の,ミュルジェールHenri Murger(1822‐61),シャンフルーリらの集団があった。…

※「ボエーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボエームの関連キーワードルチアーノ パヴァロッティジュゼッペ サッバティーニファビオ アルミリアートマリア イヴォーギュンアーウィン シュロットイレアナ コトルバスジェームズ コンロンマルセロ アルバレスリュドヴィク テジエロベルト アラーニャバルバラ フリットリピョートル ベチャワソイレ イソコスキセーナ ユリナッチヘンリー ルイスジョセフ カレヤシャンフルリー佐藤 功太郎トスカニーニレオンカバロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボエームの関連情報