コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボクセル ぼくせる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ボクセル

2次元デジタル画像を構成する単位ピクセルに対して、厚み情報を加えた3次元デジタル画像を構成する単位のこと。ボクセルは厚みを持った粒子として表現されることから、3次元画像の断面図を表現できる。CADなどの技術として利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボクセル(voxel)

ボリューム(volume)+ピクセル(pixel)からの造語》三次元グラフィックスなどで、立体物の表現に用いられる小さな立方体の最小単位。二次元画像におけるピクセル(画素)に相当する。これを組み合わせることで、立体物を可視化したり、ポリゴンに変換して表面に色や質感を与えたりできる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボクセルの関連情報