コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコフスキー Willi Boskovsky

2件 の用語解説(ボスコフスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボスコフスキー【Willi Boskovsky】

1909‐91
オーストリアバイオリニスト,指揮者。ウィーン音楽アカデミーを卒業後,1933年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団,6年後にB.ワルターの推薦でコンサートマスターとなる。同僚たちとボスコフスキー四重奏団を結成したのをはじめとして室内楽の分野でも活躍。さらに55年からウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮を受け持ち,バイオリンを手にしてJ.シュトラウス父子やズッペらの作品を軽快に指揮して人気を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスコフスキー
ぼすこふすきー
Willi Boskovsky
(1909―1991)

オーストリアのバイオリン奏者、指揮者。ウィーン生まれ。ウィーン音楽院を卒業、1932年ウィーン・フィルハーモニー入団、39年コンサートマスターとなる。第二次世界大戦後、ウィーン八重奏団やウィーン・フィル弦楽四重奏団など室内楽でも活躍、加えて指揮活動も行い、とくにウィーン・フィル名物のニューイヤー・コンサートでは、バイオリンを手にしたヨハン・シュトラウスばりの指揮で高い人気を得た。56年(昭和31)ウィーン・フィルと初来日。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボスコフスキーの関連キーワードパガニーニヨアヒムオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国バイオリニストオーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケオーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンド辻久子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボスコフスキーの関連情報