コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボックの砲台 ボックノホウダイ

デジタル大辞泉の解説

ボック‐の‐ほうだい〔‐ハウダイ〕【ボックの砲台】

Casemates du Bockルクセンブルク大公国の首都、ルクセンブルクの旧市街にある地下要塞跡。旧市街を流れるアルゼット川を見下ろす急峻(きゅうしゅん)な断崖に、18世紀頃にオーストリア軍によって造られた。なお、城塞都市としての旧市街全体は、1994年に「ルクセンブルク市:その古い町並みと要塞群」の名称で、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボックの砲台の関連キーワードルクセンブルクの憲法広場

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android