コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボツリヌス毒素

世界大百科事典内のボツリヌス毒素の言及

【細菌毒素】より

… タンパク質性毒素は,リポ多糖体毒素と比べると毒性が強く,動物の器官や組織に対して選択的・特異的に作用する。たとえばジフテリア毒素は心筋に,ボツリヌス毒素は神経系に作用する。リポ多糖体毒素では,このような特異性がみられない。…

※「ボツリヌス毒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボツリヌス毒素の関連キーワード発声時頸部ジストニア職業性ジストニア食道アカラシア頸部ジストニアボツリヌス療法眼瞼けいれん顔面けいれん生物学兵器ジストニア本態性振戦生物テロ生物兵器生物剤外毒素破傷風神経毒

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボツリヌス毒素の関連情報