コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外毒素 がいどくそexotoxin

翻訳|exotoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外毒素
がいどくそ
exotoxin

エクソトキシンのこと。菌体外毒素ともいう。細菌がつくりだす毒素のなかで菌体外に分泌されるものの総称。主成分は蛋白質で,毒力が強く,生体細胞に選択的に作用して特有な中毒症状を引起す。ボツリヌス菌,ガス壊疽菌,破傷風菌,ジフテリア菌,黄色ブドウ球菌などが代表的な外毒素産生菌である。これらの菌は感染すると,人体内で増殖しながら毒素をつくり出し,この毒素のために特有な症状が起る。なお,チフス菌,コレラ菌などのように菌体外に毒素をつくり出さないものは内毒素 (エンドトキシン) といって,有毒成分は菌体内に存在し,生きている間は毒素は拡散しないが,いったん菌が死滅して崩壊すれば菌体外に遊離して毒性を示すようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がいどくそ【外毒素】

細菌が菌体外に分泌するタンパク質。毒性が強く、熱に弱い。ジフテリア毒素・破傷風毒素・ボツリヌス毒素などがある。菌体外毒素。エキソトキシン。 ↔ 内毒素

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外毒素の言及

【菌体外毒素】より

…細菌によって産出され菌体外に遊出してくる毒素。外毒素ともいう。従来菌体外毒素と呼ばれていた毒素のうちには,菌体が破壊されることによって遊離してくるものがあることが見いだされ,菌体外毒素と菌体内毒素の区別は厳密なものではなくなってきている。…

※「外毒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外毒素の関連キーワード毒素性ショック症候群クロストリジウムエキソトキシンエミリー ルー溶血性連鎖球菌ジフテリア血清溶連菌感染症抗原抗体反応菌体内毒素百日咳毒素抗毒素製剤抗毒素療法トキソイド百日咳菌血清療法細菌毒素病原体結核菌腸間毒溶連菌

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android