コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナベントゥラの夜警 ボナベントゥラのやけい Nachtwachen von Bonaventura

1件 の用語解説(ボナベントゥラの夜警の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボナベントゥラのやけい【ボナベントゥラの夜警 Nachtwachen von Bonaventura】

1804年に刊行されたドイツグロテスクロマン主義の代表作。作者については古来異説が多く,無名の作家ウェツェルFriedrich Gottlob Wetzel(1779‐1819)の作とする説が有力だったが,近年異論が出ている。悪魔を代父としてジプシー女の母から生まれた主人公が,社会のアウトサイダーたる夜警の立場からこの世の虚妄を物語るこの小説は,無限への憧憬を主流とするドイツ・ロマン派の中にあって,〈負〉への転回を核心とする破壊的ニヒリズムのために孤立していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボナベントゥラの夜警の関連キーワードグロテスクドイツ連邦共和国西ドイツエログロプロテストグロテウォール統一ドイツUboatドイチェ番号南ドイツ新聞

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone