コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナベントゥラの夜警 ボナベントゥラのやけいNachtwachen von Bonaventura

世界大百科事典 第2版の解説

ボナベントゥラのやけい【ボナベントゥラの夜警 Nachtwachen von Bonaventura】

1804年に刊行されたドイツグロテスクロマン主義の代表作。作者については古来異説が多く,無名の作家ウェツェルFriedrich Gottlob Wetzel(1779‐1819)の作とする説が有力だったが,近年異論が出ている。悪魔を代父としてジプシー女の母から生まれた主人公が,社会のアウトサイダーたる夜警の立場からこの世の虚妄を物語るこの小説は,無限への憧憬を主流とするドイツ・ロマン派の中にあって,〈負〉への転回を核心とする破壊的ニヒリズムのために孤立していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボナベントゥラの夜警の関連キーワード文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)ナポレオン奈破崙環海異聞ケプロンハリス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone