コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転回 てんかいinversion

翻訳|inversion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転回
てんかい
inversion

音楽用語。音の上下の関係を逆にすること。音程和音旋律の転回がある。 (1) 音程の転回 音程を構成する音のうち,高いほうをオクターブ下に,あるいは低いほうをオクターブ上にする。その場合の音程度数は 9 から初めの音程の度数を引いたものになり,性格は完全 ⇔ 不完全,長 ⇔ 短,増 ⇔ 減に変化する。 (2) 和音の転回 和音の最下音に根音以外の音をおく場合。三和音の場合は第1転回により六の和音,第2転回により四六の和音となり,七の和音は第1転回により五六の和音,第2転回により三四の和音,さらに第3転回では二の和音を生じる。 (3) 旋律の転回 反行とも呼ばれ,旋律の上下行の動きを逆にする。フーガやカノンの重要な対位法的技法の一つであり,12音音楽における基本的手法の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐かい〔‐クワイ〕【転回】

[名](スル)
ぐるりと回ること。また、回すこと。回転。
向きが変わること。また、向きを変えること。「船の進路が180度転回する」
方針などが大きく変わること。また、方針などを大きく変えること。「増税から減税にと政策が転回する」
体操で、からだを回転させる運動。前方転回・後方転回・空中転回など。
和音で、根音以外の音が最下声となるように、音の上下関係を置き換えること。「ドミソの和音をミソドに転回する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんかい【転回】

( 名 ) スル
正反対に方向を変えること。また、大きく方向を変えること。 「船の針路を北に-する」
ぐるぐるまわること。回転。 「小車の-するが如きもの/三日月 浪六
〘音〙 音の上下を移しかえること。
音程をなす二音のうち低い音を八度上に、または高い音を八度下に移すこと。例えば五度の転回は四度となる。
ある和音の根音以外の音を最低音として和音を構成すること。例えば三和音では、第一転回、第二転回の二通りができる。
旋律を構成している音程に応じて上行と下行を逆にすること。
体操で、体の軸を移動させて回ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

転回の関連キーワード基本位置[root position]基本形[root position]転回形[inversion]マン(Klaus Mann)ヘルムホルツの定理(物理学)ローマ=ベルリン枢軸ベルリンローマ枢軸コペルニクス的転回ティフィナグ文字ハンドスプリングサブドミナントタンブリング百八十度転回コペルニクス言語論的転回マット運動清原優希乃転回対位法セフェリスドミナント

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転回の関連情報