コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボビンレース ボビンレースbobbin lace

3件 の用語解説(ボビンレースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボビンレース
bobbin lace

図柄に沿って針を突き立てたピロー (枕形の台) の上で,多数のボビン (小型の糸巻) に巻いた糸を,おもにねじる,組む,からめる,結ぶなどしてつくるレースの総称。ニードルポイントレースとともに,伝統的手工レースの代表的手法。時代,産地,様式により多くの種類がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボビン‐レース(bobbin lace)

4本の糸を単位とし、要所要所をピンで止めながら糸をねじったり、交差したりして組み合わせて作る、透かし模様のレースのこと。16世紀ごろベルギーイタリアで盛んに作られていた。糸を何十本も使うので、その糸を巻き付けておくためのボビンからの名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ボビンレース【bobbin lace】

いくつものボビンに巻いた糸を縒り合わせて編んだレース。台(枕)にピンで止めながら編むことからピロー-レースともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボビンレースの関連情報