コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボビンレース bobbin lace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボビンレース
bobbin lace

図柄に沿って針を突き立てたピロー (枕形の台) の上で,多数のボビン (小型の糸巻) に巻いたを,おもにねじる,組む,からめる,結ぶなどしてつくるレース総称ニードルポイントレースとともに,伝統的手工レースの代表的手法。時代,産地様式により多くの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボビン‐レース(bobbin lace)

4本の糸を単位とし、要所要所をピンで止めながら糸をねじったり、交差したりして組み合わせて作る、透かし模様のレースのこと。16世紀ごろベルギーやイタリアで盛んに作られていた。糸を何十本も使うので、その糸を巻き付けておくためのボビンからの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ボビンレース【bobbin lace】

いくつものボビンに巻いた糸を縒り合わせて編んだレース。台(枕)にピンで止めながら編むことからピロー-レースともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ボビンレースの関連キーワードチュール刺しゅうレティチェラレース編メッシュ糸紐細工図柄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android