コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボホル島 ボホルとうBohol Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボホル島
ボホルとう
Bohol Island

フィリピン,ビサヤ諸島南部にある島。セブ島レイテ島の南部にはさまれる。面積 3864km2。南西のパングラオ島,北東のラピニグ島などとともにボホル州を構成する。火山活動とサンゴ礁で形成された島で,集落は海岸平野と内陸の小高原,丘陵地にある。主産業は農業で,イネ,トウモロコシ,ココヤシを栽培。牧畜も行われ,北東岸のウバイに酪農工場がある。中央部には地形輪廻の初期の形をとどめる円錐形をした茶色の石灰岩が散在し,観光客がふえている。主要港は南西岸のタグビラランで,セブ港とミンダナオ島との間にあるため,寄航地としてもにぎわう。州面積 4117km2。州人口 88万 1051 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボホル島の関連キーワードダゴホイの反乱パングラオ島トウモロコシミンダナオ島フィリピン地形輪廻ココヤシ海岸平野ビサヤ族サンゴ礁石灰岩円錐形北東牧畜

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android