ボホル島(読み)ボホルとう(英語表記)Bohol Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボホル島
ボホルとう
Bohol Island

フィリピン,ビサヤ諸島南部にある島。セブ島レイテ島の南部にはさまれる。面積 3864km2。南西のパングラオ島,北東のラピニグ島などとともにボホル州を構成する。火山活動とサンゴ礁で形成された島で,集落は海岸平野と内陸の小高原,丘陵地にある。主産業は農業で,イネ,トウモロコシ,ココヤシを栽培。牧畜も行われ,北東岸のウバイに酪農工場がある。中央部には地形輪廻の初期の形をとどめる円錐形をした茶色の石灰岩が散在し,観光客がふえている。主要港は南西岸のタグビラランで,セブ港とミンダナオ島との間にあるため,寄航地としてもにぎわう。州面積 4117km2。州人口 88万 1051 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android