コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボマルツォ庭園 ボマルツォていえん

世界大百科事典 第2版の解説

ボマルツォていえん【ボマルツォ庭園】

ローマの北60kmの小邑ボマルツォBomarzoに,領主ピエルフランチェスコ・オルシーニによって16世紀半ばに営まれた庭園。廃園となって久しく,1950年代に発掘が行われて初めて全貌が知られた。怪奇な幻想にみちた特異な彫像群によって有名だが,これはおそらく主庭園の部分が失われ,付属する叢林(ボスコ)の部分のみが残ったのであろう。しかしオルシーニが〈聖なる森sacro bosco〉と呼ぶこの部分をなにより重視していたらしいのは,残された書簡や碑銘に明らかである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ボマルツォ庭園の関連キーワード高層大気ロケットゾンデ電気自動車水俣病地球内部構造アイスホッケーアナーニ事件伊那盆地イルクーツク江戸川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android