ボルジャ家(読み)ぼるじゃけ(英語表記)Borgia イタリア語

  • Borja スペイン語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペイン、アラゴン王国の小貴族の家系。ルネサンス期に2人の教皇を出している。同家の隆盛は徹底したニポティズム(縁者びいき)により築かれた。まず、アルフォンソAlfonsoがスペインのバレンサの司教からカリストゥス3世Callistus Ⅲ(1378―1458、在位1455~58)として教皇の座につくと、とくに2人の甥(おい)に目をかけ、教皇庁の要職につけた。その1人がロドリーゴRodrigo(1431―1503)で、1492年にアレクサンデル6世として教皇に選出された。ローマの貴族の横暴を抑えるとともに権謀術数により権力をほしいままにしたこのアレクサンデル6世とその次男チェーザレCesareの時代がボルジャ家の黄金期であった。チェーザレは、父教皇の後押しで中部イタリアの中小領主を制圧、王国建設が成就するかに思われたが、教皇の死(1503)を境に失脚、その領土は崩壊した。チェーザレの妹ルクレツィアLucrezia(1480―1519)は毒婦として名高いが、むしろ父と兄の野望の道具に利用された女性で、三度目の結婚でエステ家に嫁してからは平穏な生活を送った。これ以降、ボルジャ家は世界史の舞台に登場することなく、1748年に断絶する。

[在里寛司]

『マリーア・ベロンチ著、大久保昭男訳『ルクレツィア・ボルジア』(1983・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android