コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロゲセス1世 ボロゲセスいっせいVologases I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロゲセス1世
ボロゲセスいっせい
Vologases I

[生]?
[没]79/80
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位 51/2~79/80) 。ボノネス2世の子。ヘレニズム文化への反動として新都ボロゲシアスを建設。弟のティリダテスをアルメニア王位につけ,ローマ帝国を刺激して 54~63年の間戦ったが,結局ローマ支配下のアルメニア王として弟を認めることで和平を結んだ。そののちサカ族アラーン族の侵入,そしてヒルカニアの反乱によって苦しめられ,その没後,同朝の統一は崩壊する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android