コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカ族 サカぞくSaka; Sacae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカ族
サカぞく
Saka; Sacae

前 11世紀から紀元初期,中央アジアにいたイラン系の遊牧種族。サカという名称はアケメネス朝ペルシア諸王の碑文にみえる。また古代ギリシア・ローマの史料では中央アジアのいくつかの遊牧種族がサカと呼ばれている。中国では塞,釈という字で表わされた。前2世紀のなかば頃からサカ族はインド,アフガニスタン,イランなどに移動し,ときには大きな勢力となることがあったが,各地で先住民と混血していった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サカ族の関連キーワードイシク・クル[湖]タギスケン古墓群ホータン・サカ語ミトラダテス2世サータバーハナ朝フラーテス2世ボロゲセス1世マッサゲタイクシャトラパマラガシー人タナラ族ロスタム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サカ族の関連情報