コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロンコーワ ボロンコーワ Voronkova, Lyubov' Fëdorovna

2件 の用語解説(ボロンコーワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロンコーワ
ボロンコーワ
Voronkova, Lyubov' Fëdorovna

[生]1906.9.30. モスクワ
[没]1976.1.20
ソ連の女性作家。農民の家に生まれた。高等師範学校で学び,農村新聞の編集局に勤務。 1930年以来,児童文学の中短編を発表。代表作に戦争の苦難を描いた『町からきた少女』 Devochka iz goroda (1943) や『ゴロジシチェ村』 Selo Gorodishche (1947) ,酪農少女の話『アルタイ物語』 Altaiskaya povest' (1951) ,密林で道に迷ったピオネールたちの物語『角笛は勇者を呼ぶ』 Rozhok zovët bogatyrya (1957) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロンコーワ
ぼろんこーわ
Любовь Фёдоровна Воронкова Lyubov' Fyodorovna Voronkova
(1906―1976)

ソ連の児童文学者。モスクワの貧しい農民の家庭に生まれ、働きながら文学を学ぶ。1931年処女作『黒スグリ』を出し、農場新聞の編集に携わったのち児童文学を書き始めた。女性の目で真剣に人生を見つめる作風が共感をよぶ。戦災孤児ワーリャが農村の家庭に引き取られ、その家族に溶け込んでいくようすを描いた『町からきた少女』(1943)は日本でも愛読されており、ほかに『ゴロジシチェ村』(1947)、『魔法の岸べ』(1966)などがある。[内田莉莎子]
『宮川やすえ訳『野の白鳥アニスカ』(1980・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボロンコーワの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone