コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロンコーワ ボロンコーワVoronkova, Lyubov' Fëdorovna

2件 の用語解説(ボロンコーワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロンコーワ
ボロンコーワ
Voronkova, Lyubov' Fëdorovna

[生]1906.9.30. モスクワ
[没]1976.1.20
ソ連の女性作家。農民の家に生まれた。高等師範学校で学び,農村新聞の編集局に勤務。 1930年以来,児童文学の中短編を発表。代表作に戦争の苦難を描いた『町からきた少女』 Devochka iz goroda (1943) や『ゴロジシチェ村』 Selo Gorodishche (1947) ,酪農少女の話『アルタイ物語』 Altaiskaya povest' (1951) ,密林で道に迷ったピオネールたちの物語『角笛は勇者を呼ぶ』 Rozhok zovët bogatyrya (1957) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロンコーワ
ぼろんこーわ
Любовь Фёдоровна Воронкова Lyubov' Fyodorovna Voronkova
(1906―1976)

ソ連の児童文学者。モスクワの貧しい農民の家庭に生まれ、働きながら文学を学ぶ。1931年処女作『黒スグリ』を出し、農場新聞の編集に携わったのち児童文学を書き始めた。女性の目で真剣に人生を見つめる作風が共感をよぶ。戦災孤児ワーリャが農村の家庭に引き取られ、その家族に溶け込んでいくようすを描いた『町からきた少女』(1943)は日本でも愛読されており、ほかに『ゴロジシチェ村』(1947)、『魔法の岸べ』(1966)などがある。[内田莉莎子]
『宮川やすえ訳『野の白鳥アニスカ』(1980・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボロンコーワの関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone