ボローシン(英語表記)Maksimilian Aleksandrovich Voloshin

世界大百科事典 第2版の解説

ボローシン【Maksimilian Aleksandrovich Voloshin】

1877‐1932
ロシアの詩人。キエフの貴族の家に生まれ,長くパリで絵画を学び,フランス詩,印象派絵画の強い影響を受けた。V.I.イワーノフなどと親交を結び,パリから《天秤Vesy》など象徴派の雑誌に寄稿したが,後にアクメイズムに接近し,象徴主義を基礎とした新しい写実主義〈ネオ・リアリズム〉を唱えた。自然や歴史を題材に,硬質な絵画的壮麗さをただよわせる詩風を特徴とする。処女詩集《詩篇 1900‐1910》(1910),《聾啞の悪魔》(1919)などの公刊された詩集のほかに,多数の未刊の詩があり,さらにフランス詩のすぐれた翻訳,居住地クリミアの風景を描く水彩画も見逃せない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android