コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボローシン Maksimilian Aleksandrovich Voloshin

1件 の用語解説(ボローシンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボローシン【Maksimilian Aleksandrovich Voloshin】

1877‐1932
ロシアの詩人。キエフの貴族の家に生まれ,長くパリで絵画を学び,フランス詩,印象派絵画の強い影響を受けた。V.I.イワーノフなどと親交を結び,パリから《天秤Vesy》など象徴派の雑誌に寄稿したが,後にアクメイズムに接近し,象徴主義を基礎とした新しい写実主義〈ネオ・リアリズム〉を唱えた。自然や歴史を題材に,硬質な絵画的壮麗さをただよわせる詩風を特徴とする。処女詩集《詩篇 1900‐1910》(1910),《聾啞の悪魔》(1919)などの公刊された詩集のほかに,多数の未刊の詩があり,さらにフランス詩のすぐれた翻訳,居住地クリミアの風景を描く水彩画も見逃せない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボローシンの関連キーワードアファナーシエフキエフキエフ公国クルイロフブーニンベルジャーエフ小ロシアママエフの丘ロシアの恋人タネーエフ, アレクサンドル・セルゲエヴィチ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone