コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンヌビル ボンヌビルBonneville, Benjamin Louis Eulalie de

1件 の用語解説(ボンヌビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボンヌビル
Bonneville, Benjamin Louis Eulalie de

[生]1796.4.14. パリ近郊
[没]1878.6.12. アーカンソー,フォート・スミス
アメリカの軍人。 1815年陸軍士官学校卒業後,21年フォート・スミスに赴任して 66年まで軍隊で活躍。この間 32~35年に毛皮交易遠征隊に参加,ワイオミングのグリーン川を基地としてロッキー山脈を探検,このときのことが W.アービングの『ボンヌビル隊長の冒険』 The Adventures of Captain Bonneville (1837) で美化され,英雄となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボンヌビルの関連キーワードエカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解アスベストのクボタ・ショックみなと銀行寛政一揆会津さざえ堂北九州空港シーボルト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボンヌビルの関連情報