コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンヘファー Bonhoeffer, Dietrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボンヘファー
Bonhoeffer, Dietrich

[生]1906.2.4. ブロツラフ
[没]1945.4.9. バイエルン,フロッセンビュルク
ドイツのルター派牧師。「世界のための教会」神学を唱えた。ベルリンで A.ハルナックに学び,K.バルトの影響を受け,ベルリン大学で組織神学を講じたが,反ナチス運動に身を投じ,1945年処刑された。主著『聖者たちの集い』 Sanctorum Communio (1930) や『行為と存在』 Akt und Sein (31) ,『創造と堕落』 Schöpfung und Fall (33) ,『倫理学』 Ethik (49) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボンヘファーの関連キーワードカール・フリードリッヒ ボンヘッファーセキュラリズムエーベリンク

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android