コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージョーアウンサンマーケット ボージョーアウンサンマーケットBogyoke Aung San Market

2件 の用語解説(ボージョーアウンサンマーケットの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボージョーアウンサンマーケット【ボージョーアウンサンマーケット】
Bogyoke Aung San Market

ミャンマー最大の都市ヤンゴンラングーン)で、最も大きな規模のマーケット。ボージョーアウンサン通りの複合ビルFMIセンターの隣にある。ピンク色の屋根、白い壁の建物の内部には、たくさんの店が雑然と並び、食料品や衣類、雑貨など日用品から民芸品、骨董品、宝飾品まで、さまざまな商品が並んでいる。◇「ボージョーマーケット」ともいう。このマーケットが建設されたのは、イギリス植民地時代の1926年で、当時は「スコットマーケット」と呼ばれていた。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボージョーアウンサン‐マーケット(Bogyoke Aung San Market)

ミャンマーの旧首都ヤンゴンにある市場。市街中心部に位置し、ボージョーアウンサン通りに面する。英国統治時代の1926年に建造。旧称スコットマーケット。現在は独立運動の指導者アウンサンの名を冠する。ヤンゴン最大の商業施設であり、食品、雑貨、洋服、宝石などを扱う1600以上もの店舗が並ぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボージョーアウンサンマーケットの関連情報