コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーダー・カントリー Border Country

1件 の用語解説(ボーダー・カントリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボーダー・カントリー【Border Country】

イギリスの,イングランドスコットランドとの国境地帯,西はソルウェー湾から東はトウィード川が北海に注ぐあたりまでの160kmにおよぶ広大な地域をいう。単に〈ボーダーThe Border〉とも呼ばれる。11世紀から15世紀にかけて,互いに侵略をくり返し,はげしい戦火を交えた。美しい丘や川,湖や谷に廃墟の教会や城がのこるこの地域で,戦いにまつわる悲喜劇が,多くのバラッドや他の詩歌に語りつがれてきた。なかでも,こうした口伝のバラッドに自作詩を加えたW.スコットの《スコットランド辺境の吟遊詩》(1802‐03)は有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーダー・カントリーの関連キーワードスコットランドスコットランドヤードイギリス国教会蘇格蘭アイオナ修道院チェビオットスコットランド幻想曲グランドトラインスコットランド風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone