コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロー ヤロー Yalow, Rosalyn S.

2件 の用語解説(ヤローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤロー
ヤロー
Yalow, Rosalyn S.

[生]1921.7.19. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2011.5.30. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の医療物理学者フルネーム Rosalyn Sussman Yalow。1941ニューヨーク市立大学ハンター・カレッジで修士号,1945年イリノイ大学原子核物理学の博士号を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤロー
やろー
Rosalyn Sussman Yalow
(1921―2011)

アメリカの物理学者。ニューヨークに生まれる。ハンター・カレッジ(現、ニューヨーク市立大学)卒業後、イリノイ大学で原子核物理学を学び、1945年博士号を取得した。連邦電気通信研究所で技師、ハンター・カレッジで教師を務めたのち、1947年ブロンクス在郷軍人病院でラジオ・アイソトープを利用した医療の研究を開始し、1972年上級研究員となった。1968年からマウント・サイナイ医科大学の教授を兼任した。
 1950年代にバーソンSolomon A. Berson(1918―1972)と共同で、ラジオイムノアッセイ法(放射標識免疫検査法)の開発を行った。これは、ラジオ・アイソトープで標識された試料を用い、抗原抗体反応を利用してインスリンのようなペプチドホルモンを検出し定量するものであり、極微量(10-12グラムのレベル)の分析を可能にした。この検査法はその後も広く用いられ、医学、生理学の発展に大きく貢献した。1977年、「ラジオイムノアッセイ法の開発」によりノーベル医学生理学賞を受賞した。また、この技術を応用し各種のペプチドホルモンの分離、同定に成功したギルマン、シャリーも同時に受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤローの関連キーワードニューヨークカットニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパメイベリン ニューヨーク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤローの関連情報