コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーディコン Bodichon, Barbara Leigh Smith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーディコン
Bodichon, Barbara Leigh Smith

[生]1827.4.8. ノーフォーク,ワトリントン
[没]1891.2.11. サセックス,ロバートブリッジ
イギリスの女子教育拡張運動,女子参政権運動の女流指導者。 1857年フランスの著名な医師ユージン・ボーディコンと結婚したが,その後もイギリス女性のための運動を指導。『イングランド女性関係法摘要』 Brief Summary of Laws of England Concerning Women (1869) はのちの既婚婦人財産法 Married Women's Property Actの成立に影響を与えた。 66年 E.デービスと協力して大学教育の女子への開放計画を提案,最初の小さな試みであったヒッチンのカレッジがケンブリッジのガートン・カレッジに発展した。またイギリスの画家 W.ハントに師事し,水彩画に独創的な才能を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボーディコンの関連キーワードカニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチマキシモヴィッチカライスカキスナバリノの海戦カニング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android