ポイス(読み)ぽいす(英語表記)John Cowper Powys

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポイス(John Cowper Powys)
ぽいす
John Cowper Powys
(1872―1963)

イギリスの小説家、批評家。作家T・F・ポイス、哲学者、随筆家ルーエリン・ポイス Llewelyn Powys(1884―1939)の長兄。三兄弟とも文筆の才に優れていたことで知られる。ジョンは、ケンブリッジ大学を卒業、本国およびアメリカで巡回講演講師として好評を得る。やがて著述に専念し、小説、詩、批評、伝記、哲学と幅広い分野で活躍した。小説に『ウルフ・ソレント』(1929)、『グラストンベリ物語』(1933)、『オウエン・グレンダウアー』(1940)など、評論に『文化の意義』(1929)、『文学のたのしみ』(1938)など。熾烈(しれつ)な想像力の作家で、宇宙の万物すべてを生命をもつとみなし、人間存在を宇宙の第一原因から発する巨大な力の影響のもとにとらえている。神秘主義を基盤とし、神話や魔術的なものをリアリズムと結び付け、人間存在の根源に迫る独自の直観を示した。[小松原茂雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android