コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポインティング=ロバートソン効果 ポインティングロバートソンこうか Poynting‐Robertson effect

1件 の用語解説(ポインティング=ロバートソン効果の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポインティングロバートソンこうか【ポインティング=ロバートソン効果 Poynting‐Robertson effect】

太陽の引力で公転している惑星間物質が,太陽の光圧の影響で,渦巻状の軌道を描いて,しだいに太陽に近づいていく現象をいう。イギリスポインティングJ.H.PoyntingとロバートソンH.P.Robertsonによって指摘されたもの。惑星のように質量の大きいものは,光圧の影響が無視できるが,惑星間物質のような微小な粒子では,質量に比例する引力に対して,断面積に比例する光圧の強さが無視できない。公転している惑星間物質に太陽光があたる場合,公転速度と光速度との比によって,ちょうど進行中の列車の窓に雨が斜めにあたるように,惑星間物質にも,わずかながら斜め前方から光があたることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポインティング=ロバートソン効果の関連キーワード外惑星公転摂動内惑星星間雲太陽系小天体系外惑星惑星系

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone