ポインティング=ロバートソン効果(読み)ポインティングロバートソンこうか(英語表記)Poynting‐Robertson effect

世界大百科事典 第2版の解説

ポインティングロバートソンこうか【ポインティング=ロバートソン効果 Poynting‐Robertson effect】

太陽の引力で公転している惑星間物質が,太陽の光圧の影響で,渦巻状の軌道を描いて,しだいに太陽に近づいていく現象をいう。イギリスのポインティングJ.H.PoyntingとロバートソンH.P.Robertsonによって指摘されたもの。惑星のように質量の大きいものは,光圧の影響が無視できるが,惑星間物質のような微小な粒子では,質量に比例する引力に対して,断面積に比例する光圧の強さが無視できない。公転している惑星間物質に太陽光があたる場合,公転速度と光速度との比によって,ちょうど進行中の列車の窓に雨が斜めにあたるように,惑星間物質にも,わずかながら斜め前方から光があたることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android