コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惑星間物質 ワクセイカンブッシツ

百科事典マイペディアの解説

惑星間物質【わくせいかんぶっしつ】

太陽系の惑星の間の空間に存在する微小固体粒子やガス,荷電粒子などの総称。特に微小な固体粒子は惑星間塵という。大多数は粒径0.1mm以下。太陽光を散乱して黄道光対日照(たいじつしょう)を生じる。惑星間塵は太陽のまわりを公転しているが,微小なため太陽の光圧の影響を受け,しだいに太陽に近づいていく(太陽半径の約4倍の距離まで)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わくせいかんぶっしつ【惑星間物質 interplanetary matter】

太陽系の惑星の間の空間に,無数に存在している微小な固体粒子,すい星などが放出するガス,太陽から放出される荷電粒子などをいう。とくに微小な固体粒子は惑星間塵と呼ばれる。粒径が1mm以上のものが地球大気に突入すると流星となるが,圧倒的に多いのは粒径が0.1mm以下のものである。惑星軌道面に沿って分布しており,これらが太陽光を散乱して生ずる現象が,黄道光対日照である。惑星間塵の研究は,主として黄道光の精密観測によって行われるが,近年では惑星間を飛ぶ人工天体による直接測定も行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わくせいかんぶっしつ【惑星間物質】

惑星間の空間に存在する無数の微小物質の総称。固体・ガス状・荷電粒子などがあり、ほぼ黄道面に沿って分布する。黄道光や対日照はこれらが太陽光を散乱したもの。直径1ミリメートル 以上の固体微粒子が地球大気中に突入すると流星となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

惑星間物質の関連キーワードポインティング=ロバートソン効果太陽系小天体天体写真黄道面太陽系

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android