コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスツムス Postumus, Marcus Cassianius Latinius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポスツムス
Postumus, Marcus Cassianius Latinius

[生]?
[没]268. モコンチアクム
古代ローマの軍人,帝位僭称者 (258頃~268) 。 258年ガリエヌス帝がドナウ地方におもむいた際,シルウァヌスとともにライン地方の統治を命じられたが,その留守に麾下の軍隊に推されて帝位を宣言,シルウァヌスとガリエヌス帝の息子サロニヌスとを殺し,ガリア,ヒスパニア,ブリタニアを支配した。この間ゲルマンを討ちライン地方を防衛。しかし内紛によって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポスツムスの関連キーワード三十人僭主[古代ローマ]

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android