コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポトフー

百科事典マイペディアの解説

ポトフー

フランス語で〈火にかけた鍋〉の意。鍋を用いたフランスの家庭料理。牛肉のバラ肉やすね肉の塊と,ニンジンタマネギセロリポロネギなどをブーケガルニ(香草の束)とともにたっぷりの水で長時間煮込み,塩,コショウで調味したもの。肉や野菜は適当に切ってマスタードなどを添え,煮汁スープとして供する。
→関連項目スープ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポトフー【pot‐au‐feu[フランス]】

フランスの代表的な家庭料理の一つ。なべに塊のままの牛肉のいちぼやもも肉,すね肉などと塩,水を入れて煮立て,あくを取ったあとニンジン,タマネギ,ポロネギ(リーキ),セロリ,ブーケ・ガルニなどを加えて弱火で長時間煮込んで作る。肉や野菜は適当に切って皿に盛り粗塩,マスタードなどを添える。こして調味した煮汁はスープになり,2品の料理として食べる。また煮汁は他のさまざまなスープのもと(ブイヨン)として利用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポトフーの関連キーワードフランス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android