ポリエチレンオキシド(英語表記)polyethylene oxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリエチレンオキシド
polyethylene oxide

エチレンオキシドのイオン触媒による開環重合で得られる重合体ポリエチレングリコールとも呼ばれる。分子量によって液体からワックス状の固体まで種々の性質の重合体が得られる。毒性が低く,水,一般の有機溶媒によく溶け,界面活性剤,凝集剤,化粧品や薬品の基剤,合成洗剤の原料として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のポリエチレンオキシドの言及

【ポリエチレングリコール】より

…カルシウムやストロンチウムの水酸化物,アルキル亜鉛などを触媒にすると,重合度(モノマーの数)が100万以上のポリエチレングリコールが得られる。この場合にはポリエチレンオキシドpolyethylene oxide,ポリオキシエチレンpolyoxyethyleneなどと呼ばれる。これらもやはり水溶性であり,フィルムなどに用いられる。…

※「ポリエチレンオキシド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android