凝集剤(読み)ギョウシュウザイ

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうしゅうざい【凝集剤 flocculating(coagulating) agent】

液中に分散する微粒子が会合して,より大きな集合体となる現象を凝集flocculation(coagulation)と呼び,凝集によって生成する集塊を凝集体またはフロックflocと呼ぶ。凝集剤は凝集を助長するためにスラリー(粒子懸濁液)に添加する薬剤である。 一般に用いられている凝集剤は無機凝集剤有機高分子凝集剤に大別される。無機凝集剤は,液中にアルミニウムカルシウムなどの多価陽イオンを発生する電解質であって,粒子相互の反発(すなわち分散)の原因である粒子表面の荷電を中和させる作用により,凝集をひき起こす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうしゅうざい【凝集剤】

コロイド粒子を凝集させるために加える物質。浄水工程で、水道原水中のにごり等を除去するためなどに用いられる。硫酸アルミニウムなど。 → 硫酸礬土りゆうさんばんど

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android