コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリクロミー ポリクロミー polychromy

翻訳|polychromy

2件 の用語解説(ポリクロミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリクロミー
ポリクロミー
polychromy

美術用語。一般に色彩の用法のことであるが,特に着色した彫刻や建築についていう。古代の彫刻はほとんど着色されていて,素材の持ち味を生かす無彩色の彫刻はルネサンス期に始ったが,これは当時発掘されたグレコローマン期 (→グレコ=ローマン様式 ) の彫刻の色彩があせて無色になっていたことにもよる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ポリクロミー【polychromy】

統一的な色調をもたない多彩色。建築や彫像などの装飾的彩色にみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリクロミーの関連キーワード家人双翅類スカイブルー学術用語沽却サラダ菜通常カレッジカラーコロリスト《色彩の芸術》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone